トップ >  2014 活動 > 「妹さんからお姉さんに贈る結婚式」のご報告

「妹さんからお姉さんに贈る結婚式」のご報告

文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

姉に感謝を伝えたい


349

2014年6月6日、軽井沢絵本の森美術館にて「贈る結婚式」を開催しました。若者ならではのアイディアと、軽井沢ウエディング(株)のプランナーさんたちの知恵と経験のつまった他にはない個性的な式となりました。

ushiyamamiku225
企画者:牛山未来さん

23歳、社会人、安曇野市在住

couple
贈る相手:姉 上水杏奈さん・豊さん ご夫婦

生坂村在住

未来さんは、この「結婚式を贈って感謝を示す」という企画を知ったとき、忙しい母親にかわって自分の面倒を見てくれたお姉さんの顔がまっさきに浮かび、すぐに応募をしたと言います。

結婚式をあげないまま二児の母となり、子供中心の毎日を送るお姉さんのために、1日くらい主役になる日を作ってあげたい。ご両親にお姉さんのドレス姿を見せてあげて親孝行したい。子宝に恵まれた夫婦の結婚をあらためて、祝福し、家族のますますの幸せを願いたい。そして何より、これまでもこれからもお世話になるお姉さんに感謝の気持ちを形にしたい。

そんな未来さんのたくさんの想いが軽井沢ウエディングのプランナーさんたちにも届き、企画がスタート。未来さんは仕事の合間をぬって、手作り小物の準備やご家族の日程調整など、慣れない作業ながらしっかりとやり遂げました。その間、結婚式ハイシーズンでお忙しい軽井沢ウエディングの皆さんも式の進行準備、会場セッティグなど、総力あげて取り組んでくださいました。


雨降る新緑の森…くつろいだ空間…笑顔と涙

そして迎えた6月6日の式当日。
降りしきる雨で、より深く濃くなったムーゼの森の新緑に見守られる中、豊さんと杏奈さんが登場。

575

まずは木の香りただよう「絵本図書館」にて、未来さんが手作りしたアルバムや思い出の写真に囲まれながらの人前式。

179

杏奈さんのご両親と豊さんのお兄さんからは、ご自身の言葉で綴られた誓いの言葉が読み上げられました。

273

色違いのバラで作られた可愛いらしい花冠は、ご家族からの「愛情(赤色)」「絆(オレンジ)」「感謝(ピンク)」の気持ちが込められていて、これも未来さんの発案で実現しました。豊さんから杏奈さんへたっぷりの愛情とともに贈呈。

281

ゲストの皆さんからお二人へのメッセージカードを添えたバルーンが渡され、温かくアットホームな人前式が終了しました。
その後、雨足が弱まった時をみはからって、バルーンリリースもおこなう事が出来ました。

315

「森の家」ではカフェ・ルーエ特製のパーティーメニューが揃い、なごやかな家族団らんの時間がスタート。

ここも飾り付けは未来さんや軽井沢ウエディングの方の手作り。家族皆で自宅のテーブルを囲んでいるような、そんな穏やかな空気が流れていました。そんな雰囲気の中で、未来さんから姉の杏奈さんへ、感謝の気持ちもしっかりと言葉にする事ができました。また未来さんからお二人へのサプライズとして、かなり苦労しながら作ったというプロフィールDVDも、幼い頃からずっと隣で育って来た妹さんならではの内容でした。

516

ウェディングケーキはマカロンタワー。愛娘、夢姫奈ちゃんが豊さんに「ファーストバイト」する微笑ましいシーンも。

455

最後は杏奈さんからご両親やご家族に感謝の気持ちと、これからもよろしく、という気持ちを込めたメッセージと花束が贈られました。

541

未来さんの「姉に感謝を贈りたい」というひとつの気持ちから始まったこの結婚式の企画でしたが、姉の杏奈さんからご両親や旦那様への感謝、お二人のお子さんへの深い愛情、「この幸せな家族に巡り会えてよかった」という列席者の方の笑顔、そんなたくさんの幸せな気持ちが森全体に伝わるような、素晴らしい式となりました。

559

お子さんふたりがすやすやと眠る中、ご家族と軽井沢ウエディングのスタッフ、信州若者1000人会議のスタッフも含め、関わった皆で笑顔の記念撮影をし、お披楽喜(おひらき)となりました。

司会:(株)STORY.
美容:Feel
バルーン:(株)ブレスカンパニー
ドレス:innocently 軽井沢
写真:L.C.A. Yu Yamabe PHOTOGRAPHY
カラーコーディネート:株式会社 BEST COLOR
ベビーシッター:Priere プリエール
※順不同

牛山未来さんのメッセージ

017

企画者の牛山未来さんから、今回の企画を無事やり遂げてのメッセージが届きました。

結婚式の準備というのは、想像していた以上に大変でした。しかし、当日はそんなのを忘れてしまえるほど、素敵な1日でした。今回、この企画に関わらせていただいたことで、結婚式というのは夫婦が初心に戻ることができ、また家族の絆を再確認できるものだと、強く感じました。そして何よりも、周りの皆が全員幸せな気持ちになれる、そんなプレゼントになるんだなぁと思いました。

若者の皆さんには感謝の気持ちを最高の形であらわせるものとして「結婚式」をオススメします!贈る相手は、両親や家族だけでなく、友人やお世話になった人でも良いと思います。また結婚式をあげていない夫婦だけでなく、結婚10年目、20年目の節目など、2回目、3回目だって良いと思います。今回私が企画したような、アットホームなものであれば、主役も出席者もあらたまる必要はありませんし、華やかな雰囲気が好きな方ならば盛大に行うのも良いと思います。どんなものであれ、感謝の気持ちをあらわすことが一番大事です。協力してくれる人もたくさんいます。「ありがとう」を伝えたい人がいるのであれば、ぜひ行動に移してほしいです!


<準備期間から当日まで、未来さんの書いたブログ>
姉の喜ぶ顔が見たくて…(5/12)
再びの軽井沢へ〜装飾品作り(5/21)
最高の1日に向けて…最後の打ち合わせ(6/3)
結婚式当日〜思い出に残る雨の森(6/18)