株式会社長野サンヨーフーズ

DSC_0257
千曲市の株式会社長野サンヨーフーズは、ブランドオーナー(飲料メーカー、食品メーカーなど)向けに原料を製造(一次加工)する企業です。
例えば果汁・野菜汁飲料原料、健康飲料原料、製菓原料、アイスクリーム・冷菓原料、ヨーグルト原料、濃縮品及びエキス品など製造品目は多岐に渡ります。
自社ブランドは持たず、現在、約350品目(常時製造しているのは250品目)の製品の原料を日替わりで製造しています。
長野サンヨーフーズの、食と農との関わりについて総務部の五十嵐さんにお伺いしました。

DSC_0222

株式会社長野サンヨーフーズの取り組み


【新商品の開発】
五十嵐さん 開発部主導で、ブランドオーナー向けての新商品のご提案を行っております。
安全・健康・おいしさは当然の事ながら、お客様のニーズに応えた新素材の開発や新製品のメニュー提案や試作品を通して、お客様の新製品開発をバックアップし、スピードアップに貢献しております。また産官学と共同で新規機能性素材の開発にも取り組んでおります

【自社農場と直接契約】
五十嵐さん グループ会社の株式会社大分サンヨーフーズの持つ農場で、ゆず、梅、大麦若葉を中心とした農作物の生産を行っています。この取組みはグループ全体の精神である安全・健康・おいしさの追求を再認識する良い機会である、21世紀の農業とのかかわり、環境保全の大切さを真剣に考え、地域社会との交流、地域発展への貢献に取り組みます。
また、生産者との直接契約も行っています。農家さんへ交渉に行き、JAを通じて農産物を出荷していただきます。現在、セロリ、レタス、キャベツ、ケール、クレソンなどの生野菜や巨峰は長野県産のものが多いですね。

【徹底した衛生管理】
五十嵐さん 安全に関しては、本当に気を遣っていますね。検品作業は、無人着という静電気の起きない目出し帽のような全身を覆う格好で行います。工場に入る際にはエアーシャワーを2回通ります。せっかく異物除去をしていても自分達が異物を入れてしまっては意味がないですからね。また食の安全を確保するためHACCPシステムを構築、更に国際規格であるFSSC22000を認証取得しております。

工場内に埃一つ入れない「安全」や、産地の分かる「安心」に力を入れていることが分かりますね!
ブランドオーナーとの契約で、機密事項の多く記事に掲載できる内容が限られてしまいますが、当日はもう少し踏み込んだお話が伺えるかもしれません・・・!

DSC_0227

今後力を入れていきたい取り組み

五十嵐さん 新しい技術を入れていこうと考えています。社外秘なので詳しく教えることはできないのが残念ですが・・・。新しい機械を入れて、「こういうことが出来るんですよ!」とどんどんPRしていかないと、新しい依頼はいただけないですからね。

スクリーンショット 2015-10-26 16

現在、この求人の募集は終了しています