4D studio Nagano 求人情報

4D studio Nagano〜都市デザインを事業として〜

SONY DSC

みなさんこんにちは。児玉です。今回は長野市の4DstudioNaganoの佐藤さんにお話を伺います。長野駅から善光寺に向かう交差点にローソンがあるんですが、その道向かいにあるお店(?)です。どうやら最近できたところらしく私も実態がわかっていません。いずれにしても、閉まっていく店の方が多い時代なので、新しく何かが始まるのはいいなって思います。


4d-entrance
児玉:なんだかオシャレなところだ

4Dstudio_coffee
4Dstudio_shop
4Dstudio_meetingroom
児玉:こんにちは〜

佐藤:こんにちは

児玉:商品が並んでいたり、オフィスがあったり、コーヒー屋さんがあったり、打ち合わせルームがあったり、ここはいったい?

佐藤:設計事務所です。

児玉:設計事務所なんですか?

佐藤:そうなんです。ライフスタイルから家づくりを提案している「設計事務所」なんです。

児玉:はぁ〜、シャレオツな設計事務所ですね。佐藤さんは設計士ってことですか??

佐藤:いえ、そうではありません。もともと父が電気工事の会社をやっていて、29歳のときにその会社を継いだんです。僕が大学時代に都市デザインを専攻していたこともあり、子会社として設計事務所「4D studio Nagano」を立ち上げたんです。今でも「太陽電気工事」として電気工事の仕事はやっていて、さらに不動産会社である「ONE TEAM不動産」も合わせて「たいようデンキグループ」と呼んでいます。

児玉:あ、、、ごめんなさい、いろいろ全然わからないです。。。ちょっとゆっくりお話聞かせてください。大学時代あたりから。

4Dstudio_sato01
佐藤:大学では都市デザインのゼミにいたんですが、その教授がすごい厳しい方で。ゼミで“実施コンペ”という、実現を前提とした建築コンペに積極的に応募していたので、ずっと模型をつくったりしていたんですが、家に帰る暇もないのでゼミの部屋で寝るのは日常茶飯事。3日くらい徹夜して作った作品に「なんじゃこりゃ。明日までに作り直してこい」とか教授に言われて。『教授はぼくのことが嫌いなんだ』とか思ってましたね(笑)。

児玉:なかなか大変そうな大学生活ですね。

佐藤:それでも『卒業後も都市デザインをやりたい』と思って、都庁の採用試験を受けたんですが、うまくいかず。で、都市デザインができないのであれば、父の仕事を継ごうと思ったんです。ただ、すぐに父の会社に入るのではなく、数年はいろいろ経験しようと思って別の電気工事の会社に就職しました。ただ就職して2年ぐらいで、実家に戻ることになったんです。

児玉:何かあったんですか?

佐藤:父がガンになってしまったんです。父の会社は社員6、7名で、父も電気工事の職人としてみんなと一緒に汗を流していました。その父がガンになってしまったので、仕事が回らなくなってしまって、実家に戻ったんです。その後、29歳の時に会社を継ぎました。

児玉:若くして継いだんですね。どうでしたか?

佐藤:『社長になるなら意地でも売上を落としたくない!』って思って、がむしゃらにやりましたね。とにかく目の前のことを頑張るんだって、「何のために仕事をするのか」とか生きる目的は考えていませんでした。都市デザインのこともすっかり忘れてね。おかげさまで、就任して1年で売り上げが4倍ぐらいになりましたけど。

児玉:すごい!電気工事って職人さんありきの仕事で、労働集約型じゃないですか、売り上げが4倍になって大丈夫だったんですか?

佐藤:僕が社長になった時って、孫請けやひ孫請けの仕事が多かったんですが、それを下請けや孫請けにしていくように、どんどんお客様に近づくように営業したんです。だから、やってる仕事はほとんど変わらないのに、利益は大きくなって、人も新たに採用していきました。

児玉:めっちゃ順調じゃないですか!羨ましい。。。

佐藤:『なんだよ、ビジネスって簡単じゃん!』って思ってました(苦笑

児玉:俗にいう「天狗」ですか?

佐藤:天狗でしたね。自宅が事務所になっていたので、母に「新社屋を建てようと思う」と伝えたら、「絶対だめよ。まだ一年目じゃないの。お母さんたちもお金が苦しい時代があって、うんぬんかんぬん…」って。だけど僕は、『そんな経営をしている母親が悪いんだけどね』とか思っちゃうわけです。

児玉:うわっ、最悪!

佐藤:ただ、会計事務所の先生にも「まだあなたの会社というイメージがないです」とか言われて、くそっと思って数字を出すことにしました。何年か数字を重ねることで、周りに認められるようになったので、お金を借りて新社屋を作りました。

たいようデンキ内観
たいようデンキ内観2
児玉:あー、建てちゃったんですね。

佐藤:そんな折に、ある“事件”が起きたんです。自宅の4軒隣に住んでらっしゃる、昔から知ってる方から「たいようデンキさんって、オール電化もやってもらえるのかしら?」って依頼されて。で、工事が終わった時にお客様から、「お金をお支払いしたいので、とりにきてもらえるかしら」って。『お金ってとりにいくものなの?請求書出したら振り込んでくれるんじゃないの?』って思ったんですけど。

児玉:相変わらずですね。。。

佐藤:受け取りに行ったら、金額は30万円だったんですが、一生懸命数えて、「本当に快適になったわ。ありがとう」って僕に渡してくれたんですよ。僕、その瞬間に電撃が走っちゃって。『僕が言うはずの“ありがとう”をなんでお客様が言うんだろう、なんだこの逆転現象は?!』って。

SONY DSC
児玉:逆転現象!

佐藤:今までお客様に“ありがとう”って言われたことなかったんですよ。完成して当たり前だったから。『これからはBtoCだ!』と思って、社内に太陽光パネルやオール電化を個人宅向けに販売する事業部を作って、営業マンを採用しました。ただ育成する気は全くなく、ヒット打てるやつが来るまで採用し続けてやるって思ってたんですが、いつになっても打てる人が来ず……。

児玉:そのお客様との出会いで佐藤さん自身が何か変わると思ったんですが、経営手法は相変わらずですね、、、

佐藤:いま思えばおかしいのはわかるんですけど、当時、僕は社内でも最年少で、社長はいばってないと威厳を守れないって思ってたんです。だから、出社したら自分の気に入らないことを見つけて社員に文句を言ってました。それが僕の、つまり社長の仕事だと思ってたんです。

児玉:うーん、、、何か社長の孤独を感じますね。。。

佐藤:とはいえ、相変わらず社内の雰囲気は悪いんですよ。

児玉:そうでしょうね。

佐藤:離職者も増えてしまって、皆がいよいよ言うんですよ。「太陽光パネルやオール電化の販売やめたらどうですか?」って。カチンと来て、「たいようデンキが太陽光売らなくなったら、ヤクルトがヤクルト売らなくなるようなもんだ!」って、意味不明な理由で社員からの助言を全く聞こうとしていませんでした。

児玉:もう、むちゃくちゃですね。絶対、一緒に働きたくない(笑)

佐藤:ただ、いよいよお金もなくなって、給料日の一週間前に通帳に1500円しかなかったんですよ。社員も少なくなり、お金もなくなり。社屋と借金が残り、、、

児玉:うーん、きついですね。。。

佐藤:ただ、その辺りから自分の考えが大きく変わったんです。それまで、僕は人を変えることにフォーカスしてたんですけど、自分が変わろうと思うようになりました。誰かに言われた社長像ではなくて、自分らしく経営しようと思うようになったんです。

kodama-1
児玉:復調の兆しですね。

佐藤:辞めずに残ってくれた社員からは「社長変わりましたね」って言われましたね。そんな時期に東日本大震災があって、社会も電気のありかたを見直すようになって。太陽光パネルやオール電化が着実に売れるようになっていきました。

児玉:確かに、震災のあとはみんな節電しましたよね。

佐藤:そんな時に、大学時代の教授から電話がかかってきたんですよ。「今週土曜日、先生のところに来い」って。今さらなんで行かなきゃいけないんだって思いつつも行ったんです。そしたら先生が「実は今年の12月で大学辞めるんだ。その後なんだけど、太陽光に関わっていこうと思っていて。お前さ、太陽光パネルやってるけど、この写真みて綺麗だと思うか」と。

4Dstudio_taiyoukou
児玉:ちょっと異様ですね。

佐藤:この写真を見せられて、頭をハンマーで殴られたような気分になりました。僕、どんなに苦しくても太陽光パネルを普及することが使命だと思ってきたのに。都市デザインやってきた僕がなぜ気づかなかったんだと。『どうにかしないと』って瞬間的に思ったんです。このまま太陽光パネルだけを売っていては、自分の好きな街にならないんじゃないかって。もう一度“都市デザイン”に立ち返ってみようと思ったんです。

児玉:都市デザインに、10数年ぶりに回帰ですね。

佐藤:事業として都市デザインをやろうとした時に、どこからスタートするのがいいか考えていたんですが、そんな折、ある設計事務所を経営している方と出会うんです。その方のお話を聞いているうちに、事業としての都市デザインを、まずは“住宅”から手がけていこうと決めて、『4D studio Nagano』 を立ち上げました。

児玉:4Dstudio Nagano まで道のりは長かった。

佐藤:僕は、大手ハウスメーカーで建てた家に住んでるんですが、最初は良かったものの、なぜかすぐに飽きちゃったんですよね。その原因が、「住まう人のライフスタイルに合わせた家づくりをしていないからだ」と分かったんです。だから4Dstudio Naganoでは、ライフスタイルまでを徹底的にヒアリングし、住んでいて居心地がいい、真の『オーダーメイドの家づくり』をお届けしています。自分の家を好きな人が増えたら、その街を好きになる人も増えていくと思うんですよね。

4Dstudio_sato06
児玉:ここで恒例の質問なんですが、佐藤さんの「1000」って何かないでしょうか。

佐藤:「最近この街かっこよくなったな!」って思う人を長野で1000人増やしたいですね。現在、『長野をより誇れる街にする、その一翼になりたい』という想いで事業を積極的に展開してるんですけど、僕たちの事業・提案を通じて、この長野の街を誇りに思える人たちが増えていったら嬉しいです。

4d-outside
児玉:数年前に「打てる奴が来るまで採用すればいいや」と言っていた人とは思えないコメントですね。そんな佐藤さん、今回はどんな人を募集していますか?

佐藤:営業職です。「太陽電気工事」も「4D studio Nagano」も「ONE TEAM不動産」も、エンジンとなる営業職を増員したいと思っています。太陽電気工事はより力強い営業チームを作っていくために営業職が欲しい。4D studio Naganoでは、設計士とお客さんをつなぐ営業の人材を補強したい。ONE TEAM不動産も同じですね。ただ、誰でもいいわけではない。採用プロセスも時間をかけています。『長野をより誇れる街にする、その一翼に』。この志を共にできる、そんな“仲間”と出会えたら嬉しいですね。

4d-outside2
児玉あとがき:佐藤さんと話していて印象的だったのが“僕たち”という単語を良く使うことでした。“僕たち”と表現する経営者はあまりいないように思います。使わないというか、使えないのかもしれません。経営者とスタッフの距離感がちょうどよかったり、目指すところが共有できているという自信がないとなかなか使えないような気がするんですが、佐藤さんが躊躇なく使っているところをみると、会社に一体感があるんだろうなぁと思った次第です。ということで一体感のある会社で仕事したい方はぜひ!
会社概要
会社名と事業内容 社名:(株)4D studio Nagano
https://4dstudio-nagano.com/
設立:2014年7月
資本金:500万円
従業員数:6名
事業内容:設計事務所(注文住宅設計・リノベーション)・インテリアコーディネート・ライフスタイルショップ社名:(株)ONE TEAM不動産
設立:2015年10月
資本金:500万円
従業員数:4名
事業内容:不動産事業社名:(株)太陽電気工事
設立:1973年10月
資本金:3,000万円
従業員数:9名
売上高:3億円
事業内容:太陽光パネル販売・施工、電気工事
設立 1973年10月
代表取締役 佐藤僚太郎(Sato Ryotaro)
所在地 〒381-2207
長野県長野市大橋南2-9-1
資本金 4,000万円(※グループ合計)
従業員数 19名(※グループ合計)
求人概要【新卒、第二新卒、中途】
採用人数 若干名
募集職種 営業職
仕事内容 住宅(4D studio Nagano)
不動産(ONE TEAM不動産)
太陽光パネル・オール電化など(太陽電気工事)
対象 各種専門学校・大学卒業予定の方。転職希望の方。
勤務地 長野県長野市
雇用形態 正社員
勤務開始時期 新卒、第二新卒:2017年春
中途:随時
給与形態 大学卒:170,000円〜(手当込)
通信手当、教育手当、交通費支給
福利厚生
社内制度
健康保険
厚生年金
雇用保険
労災保険
育児休暇
介護休暇
実力主義の給与体系・評価制度を導入
教育・研修制度が充実
資格取得支援制度あり
独立・起業支援制度あり
時短勤務制度あり
教育制度 1年目で活躍する人財となる新入社員研修会【WANT】
若手社員の自己成長を促進する勉強会【Study7】
未来の経営者誕生を支援する制度【Goldenpass project】
休日・休暇 年間休日108日
週休2日制
日曜・祝日(隔週土曜日休日)
勤務時間 9:00~18:00(休60分)
応募プロセス 【新卒・中途採用】
本ページのエントリーフォームからエントリー

担当者から連絡(1週間以内)

選考スタート(長野市)交通費は自己負担となります。
次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
選考プロセスは変更になる可能性があります。
不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 私たちは志を同じくする“仲間”を求めています。
Uターン・Iターン大歓迎です。
「自分の可能性を最大限に発揮したい」、そんな皆様のご応募、お待ちしています!