有限会社東郷堂

IMG_1458 代表取締役 鈴木哲

長野県上田市出身。大学進学後、多くの新聞販売店で研修を行う。その後、家業である東郷堂を継ぐ為に上田へ戻る。各新聞社販売店会長を歴任。平成24年上田市より功労表彰を受ける。

地域を見守り、地域に生きる。自分の暮らすまちに溶け込みながら働くということ。



有限会社東郷堂は今年、創立112年を迎える新聞販売店です。現在は上田市を中心に、44の営業所があります。業務としては営業所の所長職や本店の事務職、チラシの折り込みなど多彩ですが、本人が「何をやりたいか」を尊重してお任せする仕事を決めています。ですから新卒・転職に関わらず、事業内容はケースバイケースですね。異業種からの転職も多いですが、前職での経験をぜひ活かして欲しいと思っています。例えば以前、お笑い芸人をしていた社員は、自治会のお祭りや学校の行事でパフォーマンスや司会を行い、イベントを盛り上げるお手伝いをさせていただいています。今では「地域サービス」として多くの自治体へ伺っていますよ。これから当社に入社をされる方にも、今までの経験やスキルを活かして新しい事業をはじめる気概で入ってきて欲しいですね。さらに当社の特徴として、人事異動がないことが挙げられます。私たちの仕事は地域に溶け込んでいないとできない仕事ですから、地域に暮らす方々との関係や繫がりがゼロになってしまう異動は行っていません。新聞の配達・本の配達・集金・営業と、毎日や毎月、継続して行う業務は、そこに住んでいる人がずっと続けていくことが大切だと思っています。

大切なのは“継続”すること。どんな時代も繫がりが地域力を高めてくれる。

私たちの仕事はまさに“縁の下の力持ち”なんですね。雨の日も雪の日も、毎日同じ時間に新聞を配達する。だけど、どんなに頑張っていても褒めてもらう機会って少ないんですよね(笑)。同じ日の繰り返しのように感じて、「あれ?これで良いのかな?」と悩む社員も実際にいます。しかし、評価というのは周りの方がしてくれるものなんですよね。継続して、少しずつ関係を深めていって、人間関係を築いていくしかないんです。ベテラン社員の中には、地域の方から「今日は集金の日だから、お茶を入れて待っていたのよ」と言っていただく人もいます。さらに毎日同じルートで、同じ地域を回っている私たちは「地域の安全を守る」ということにも貢献しています。交番と連携しながら、日常の中の少しの変化を見守っています。例えば、徘徊していたお年寄りを家まで送り届けたこともありますし、ポストに新聞や郵便が溜まっていた家から体調の悪いお年寄りを発見したこともありました。今は昔に比べると「地域力が下がっている」と言われる時代ですが、若い人にこそ地域に入って、仕事を継続して行って、地域で生きて欲しいと思いますね。どんな時代でも、人との繫がりというのが最も大切で強いものだと思いますから。

信州人はとても勉強熱心。地域の人のために働きながら、たくさんのことを学ばせてもらっている。

信州には勉強熱心な方が多いですよね。以前私が新聞配達を担当したエリアでも、本当に端から端の家まで、農家の方も会社員の方も、全員が新聞を購読していました。そして、そんな方々からお話を伺う機会があると大変勉強になるんですよね。仕事として新聞や本の配達、集金に伺う中で、多くのものを学ばせていただくことができました。さらに私は社員に「こういう時代だからこそゆっくりやりなさい」と言います。なぜならゆっくりやることで見えてくるものがあるから。どんなに手間がかかっても、やらなければいけないことがあるのです。例えば、集金が大変だからと銀行振込を導入した際のことです。ある社員は「毎月あのおばあさんに会いたいから、銀行振込は嫌です」って言ったんですよ。嬉しかったですね。現場にいる社員は、社長の私ではなくてお客さん・読者の方を向いていないといけない。どんなに手間がかかっても、地域の中を歩いて、お客さんが必要としていること・時代がもたらす変化を感じ取らなければいけないのです。私は自分の生まれ育った上田地域が大好きです。そんな地域に暮らす方々の生活に密接に関わる仕事ができることに誇りを感じます。

若い時は、自然体で一生懸命やること。どんなことにも、自分なりにストレートに入っていけば良い。

若い人に言いたいのは、どんなことでも自然体で、一生懸命やるのが一番だということ。「こうじゃないといけない」「ああやらないといけない」って頭で考えすぎて動けなくなるのはとてももったいないですよ。その人なりにストレートに入っていけば良いの。若い時は時間が経つのがあっという間で短く感じるかもしれないけれど、それは一生懸命やっている証拠。可能性はもっともっと長く、未来に続いているんだから若い時期の今という時を一生懸命生きないと。それが一番良いですよ。就職を考えるときも、「この仕事合っているかな?」と思うことがあるかもしれないけれど、本当にその仕事が合っているかは誰にも分からない。やってみないと分からないから、とにかく一生懸命やってみると。私もね、38歳のときに突然「明日から、お前が社長だ」って言われたんですよ。もう、びっくり(笑)。もちろん社長なんてやったことがなかったけれど、もうやるしかないでしょう。一生懸命やりましたよ。ですから大学生の皆さんにもぜひね、どんなことでも一生懸命になってやって欲しいと思います。

会社概要
会社名 有限会社東郷堂
http://www.togodo.co.jp/
創業 1902年
代表取締役 鈴木哲
所在地 〒386-8550 長野県上田市材木町2-12-6
資本金 5,000万円
従業員数 54人
事業内容 新聞販売、雑誌書籍販売

求人概要【新卒】
明治35年の創業以来新聞配達を通じて地域に貢献し続ける東郷堂では現在44の営業所があり、将来の営業所長候補となるスタッフを募集します。
採用人数 5名前後
募集職種 営業所長候補
仕事内容 営業所長の具体的な仕事内容は配達、集金、営業。スタッフの管理や営業所で担当する地区の売上管理などです。新聞購読者の新規開拓より既存のお客様とのコミュニケーション、アフターサービスが重要です。
対象 2016年3月各種専門学校、大学卒業予定の方及び既卒の方。要普通免許。
勤務地 長野県上田市内のいずれかの営業所
雇用形態 正社員
勤務開始時期 相談の上、決定。
給与形態 月給21万円〜
福利厚生
  • 通勤手当あり(マイカー通勤可)
  • 退職金制度あり(勤続3年後から)
  • 社会保険完備
休日・休暇 新聞休刊日の他、社内カレンダーによる。
勤務時間
  • 2:00~7:00
  • 14:00~17:00
  • ※1日2勤務
    応募方法 下記申し込みフォームよりご応募ください。

    求人概要【中途】
    明治35年の創業以来新聞配達を通じて地域に貢献し続ける東郷堂では現在44の営業所があり、将来の営業所長候補となるスタッフを募集します。
    採用人数 5名前後
    募集職種 営業所長候補
    仕事内容 営業所長の具体的な仕事内容は配達、集金、営業。スタッフの管理や営業所で担当する地区の売上管理などです。新聞購読者の新規開拓より既存のお客様とのコミュニケーション、アフターサービスが重要です。
    対象 2016年3月各種専門学校、大学卒業予定の方及び既卒の方。要普通免許。
    勤務地 長野県上田市内のいずれかの営業所
    雇用形態 正社員
    勤務開始時期 相談の上、決定。
    給与形態 月給25万円から。能力により応相談。
    福利厚生
    • 通勤手当あり(マイカー通勤可)
    • 世帯入居社宅あり
    • 退職金制度あり(勤続3年後から)
    • 社会保険完備
    休日・休暇 新聞休刊日の他、社内カレンダーによる。
    勤務時間
  • 2:00~7:00
  • 14:00~17:00
  • ※1日2勤務
    応募方法 下記申し込みフォームよりご応募ください。

    現在、この求人の募集は終了しています



    関連する記事

    ヤマオカが行く!突撃取材!~そこまでやるんですか!?老舗新聞販売店編~

    文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身