トップ >  POST > 長野で暮らす > みんなのつぶやき > この作品を見れば、自分の人間度合いかわかる

この作品を見れば、自分の人間度合いかわかる

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

こんにちは
地元カンパニーの岩崎です。

最近週末は外出せず、ゆっくり地元で過ごしております。
寒くなると出不精になっちゃいますね。。

先週末はずっと見たかった映画「エクス・マキナ」がTUTAYAで先行レンタルしていたので、早速借りてを家で見ました。

iwablog112803

あらすじ

 

この作品を見て、
最後までアリシア・ヴィキャンデル演じる「エヴァ(人口知能)」の行動におどろかずにいられたら、あなたは人工知能かもしれない。

自分は改めて、人間なんだと思い知らされた映画でした。
人間って、「淡い期待」をどうしてもしちゃうもんなのかね。

いざとなったら
目の前の人を助けられるかどうかで動くのが人間。

それより大きな目的を達成できるのが超人。
愛を理解できて、愛を利用して、愛を根拠に行動しない。

人工知能を題材にしている映画は多いけれど、
「チャッピー」は愛を感じるヒューマンドラマだとしたら、
「エクス・マキナ」は、人間の理解が届かないことを知るサイエンスフィクションでした。。

怖いからこそ知りたいし、好きなんだけれども、、

面白いには2パターンあると思ってて、、
安心するの面白さと、不安になる面白さ。

不安になる面白さに気づき始めました。
不安になる面白さの根拠は、不安を解消してくれるかもしれない「淡い期待」なのかもしれないが、、

もちろん、安心する面白さも大好物。
最近、テレビドラマを追っかけることも少なかったのですが、今期は「逃げ恥」と「校閲ガール」の2本は毎週チェックしてます!!
新垣結衣と石原さとみと付き合いたい、、

こう思えるのも人間らしさ。「淡い期待」

人間なんだから、もっと淡い期待していいと思います!!あ、長野で待ってます。

スライダー_有料職業紹介01