トップ >  POST > 長野で暮らす > みんなのつぶやき > Uターンで仕事を見つけるために僕がやったこと

Uターンで仕事を見つけるために僕がやったこと

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

こんにちは。
地元
カンパ
ニー

の岩崎です。
最近中途半端で改行するというのが、売れる本タイトルの流行りだというのを
まざまざと影響を受けている、ミーハー岩崎です。


さて、
Uターンで仕事を見つける、いい方法ということですが、、

経験論から話させてもらいますと、、、

「とにかく戻ってこい」


それに尽きるかと思います。(配偶者やお子さんがいるかたはまた違うと思いますが、笑)


なぜ、とにかく戻ってこい、という、
無謀とも言えるような、
「Don’t think,feel」に通づるような方法なのかといえば、

理由は3つあります。


①覚悟を決めた人は強い
まず、戻って来ちゃえば、仕事見つけざるを得ないので本気になる。
東京で長野の企業を探してたら結局、東京の求人のほうがよく見えて(いい給料、面白そうな仕事)しまうのは必然ですし、、、
もう戻ると決めて、戻ったその覚悟と行動力は、転職活動も良い影響を与えるはず。

②家族に相談できる
生きていくベースとなるのはやはり家族。
それこそ、実家に戻れば、一人暮らしの経費はかからないし、本当に大事な人に本当に大事なことを話せる気がします。
家族の協力を得るということは、生きてく上で最も基本的で重要なことだと思います。

③初めて知る地元と人
帰って来て思ったのは、高校生までとは違った視点で地元を見れるということでした。
なんせ、イメージで働く場所がないと思ってたんですが、
意外とあります。意外と若い人もちゃんと働いています。
結構面白い人もいます。SNSもあるので結構簡単に連絡も取れちゃいます。
面白い人ほど、レスポンスも早いです。

帰って来て、働いていない時期が少しあったので、よく上田市内を散歩してたんですが、
意外と知らない通りが多い。
あと、ある考古学学者さんも言ってましたけど、歩くことは考え事をするのにぴったりらしいです。


あーだこーだ言って来ましたけど、、

とにかく、、
戻ってくるかこないかはあなた次第。(無責任)

スライダー_有料職業紹介01