トップ >  POST > 長野で暮らす > みんなのつぶやき > 愛車でトリプルアクセルをキメてみた

愛車でトリプルアクセルをキメてみた

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

こんにちは、依田です。

私は今日3時間しか寝ていません。
なぜなら、昨日の帰宅は明け方4時。

飲んでたんじゃないよ。
遊んでいたんじゃないよ。

ブラックアイスバーンの罠にひっかかったのです・・・・

ブラックアイスバーンとは
要するに雪解け水や雨が凍ってアスファルトの上がスケートリンク化していること。
詳しくはこちら

 

薄く凍っているだけだから、そんなに見た目では凍っていることがわからない。
ただ、いつも通りのアスファルト。
でもなんとなく危ないな〜と思って時速30kmくらいで走っていたら
見事に浅田真央ちゃんばりのスピンをキメた。

これはヤバいと思っていったん車から降りる。

案の定、足下も滑る。うまれたての子鹿状態。

これは歩くのすらダメなやつだ、、、
もう一度車に戻る。

時速30kmくらいだったのを10kmにしてみる。

 

ツーーーーー(滑る
ドス(雪に衝突

10kmでもダメだ・・・・・
もう歩いた方が早いんじゃないかってくらいの
時速3kmとか、もうメーターに出ないくらいの遅さで走る。

 

ツーーーー(滑る
キューーー(ガードレールに衝突寸前で停まる

(もちろんポッピングブレーキしながら、エンジンブレーキ使いながらだよ)

もう、ダメだ、、、、と落胆している私をよそに
何台か車が私を追い越してゆく・・・。

みんななぜそんなに走れるの?と思いながら
車を停めてひと休憩。(この時点で1km/1時間くらい)

 

休憩していたら向こうから警察官が走ってくる。
「この下でみんながどうしようもないくらい滑りまくっています!これ以上くだらないで下さい!!」と警告に来てくれた。

はて、どうしようか、、、、
そんな時に保険やJ●Fに連絡して学んだこと。


《深夜3時の学び》
一、J●Fにレッカーを依頼すると、会員でない場合5kmあたり約2万。
二、滑って進まない、スタッグ状態は保険が効かない。


問題は(二)!!!
雪だったらみんなで押すとかなんとかするけど、
歩けない程のアイスバーンでそもそも外に出られず
押すことも引くこともならず
それでも助けてくれないのかーー!!!!!
このまま浅田真央ちゃんばりの回転をしながら対向車に正面衝突しないと助けてくれないのかーーー!!!!

って、衝撃だった・・・。

もう疲労困憊なのと、どうしたらいいのか分からなくなり停車。
もうちょっと端に寄ろうと思ったら
見事脱輪。
脱輪は保険対応内なので、保険会社でレッカー対応してもらいました。

レッカーもあっちこっちで緊急要請があって
1時間かかると言われ、腹をくくった深夜3時過ぎ。

30分後

おおおおお
希望がみえた瞬間であった。

愛車が救われた・・・私も救われた・・・

その瞬間

びゅーーーーん


く、、、、
遅い、、、、イラッ


皆さんも田舎暮らし、北国の寒さを侮ってはいけませんよ、、、。


★教訓
・チェーンは買っておこう。はしごでちゃんと鉄のやつ。
・一応車に灰とか土を積んでおこう
・雪→雨→夜の流れはヤバいことを忘れない。

最後にレッカー車内のカメラにうつる
ビビちゃんの顔面でさようなら。


スライダー_有料職業紹介01