トップ >  POST > 長野で暮らす > みんなのつぶやき > Iターン充への道 長野の冬を楽しむ。

Iターン充への道 長野の冬を楽しむ。

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

Iターン組の角浜です。

 

東京の南、大田区で育ったもんで、雪は貴重な存在。

そんな私が長野にIターンしてきて、毎日雪かな!?と半分わくわく、半分ヒヤヒヤしていたのですが。

上田市は「降らない」と地元の人は言いますが、10センチくらいは降ります。

自宅から40分ほど行けば菅平のゲレンデもあり、真田丸が終わった後もスキー・スノボ客で割と賑わっています。

 

というわけで

せっかく長野にいるんだし、ということで、スキーに行ってきました!

実は父は学生時代からスキーをしており、私も小さい頃からたしなんできております。

逆に夫家族はサッカー一家なため、夫は今回がスキー初挑戦。

 

自宅から川を越え、上田駅を越え、真田地域になるとだんだん雪が増えていきます。

先週の奥出雲出張で雪道はだいぶ見慣れておりましたが、上田でもこんなに積もるんだ!というくらいの銀世界。

菅平の雪はかなり雪質が良く、握っても固まらないくらい、水分量の少ないサラッサラのパウダースノーです。

 

久しぶりにスキーウェアに袖を通し、あの歩きにくいスキーブーツを履くと、少しずつ昔の記憶がよみがえります。

まず1本目。初挑戦の夫を私+両親の3人でコーチング。

(一本目に向かう以前にリフトに乗るまでに動けなくなる夫。)


何度か転びつつもサッカーで培った運動神経でなんとか1本滑り切りました。

いやー雪楽しいね。

久しぶりのスキーで長野を満喫できた週末でした。

 

次回はスノーシューを計画中。

長野の冬、寒さは厳しいけれど、その分いろいろな楽しみ方があるようです。

スライダー_有料職業紹介01