トップ >  POST > 長野で暮らす > パートナー > 婿(むこ)のすすめ。「移住は覚悟!長野への嫁ターンもいいもんですよ!」

婿(むこ)のすすめ。「移住は覚悟!長野への嫁ターンもいいもんですよ!」

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

スケッチブック+ 岡崎酒造
岡崎謙一さん、美都里さん 夫妻


信州に暮らすことになった経緯を教えてください。

謙一(信州じゃなかった男)私はもともと東京都庁に勤めていて、妻も東京の会社に勤めていましたが、妻の実家の家業を継ぐために上田にIターン転職しました。
妻の実家の酒蔵は来年で創業350年を迎えまして、今が当主12代目です。

美都里(信州女)私はUターンですけど、夫は埼玉育ちなのでIターンですね。

小松奥さんの地元に移住する、嫁ターンってやつですね(笑)

夫+


信州暮らしの満喫ポイントを教えてください。

謙一(信州じゃなかった男)満員電車に乗らなくても済むところかな(笑)
信州に来た頃は誰も知り合いがいなくて、ゴルフの打ちっ放しに行ったりしてましたが、上田市柳町の自治会や青年会、PTAなど地域の活動に参加することで新しいつながりができました。つながりができてからは祭りなどの行事にも参加するようになったし、今は割と忙しく楽しんで生活してますね。

夫婦+


移住前に不安・心配事はありましたか?実際に移住してみてどうですか?

謙一(信州じゃなかった男)名字を変えることと、都庁を辞めることが気になっていましたね。生まれ育ちは埼玉県で長野県上田市とは縁もゆかりもなかったので(笑)
ただ歴史ある酒蔵を継ぐことは誰にでもできることではないし、伝統産業をどう継いでいくことができるのかを考え、実践していくというのはとてもやりがいのある仕事だと思いまして、決心しました。

小松たしかに誰にでもできることではないですよね!埼玉から上田だと寒さはどうでしたか?気になりませんでした?

謙一(信州じゃなかった男)たしかに信州の寒さも不安なポイントでしたね!
他にも強いて言うなら流行の服などを気軽に買いに行きにくいなどはありますけど、実際そんなにおしゃれな洋服を着て出かけることもないですから。必要に応じて東京に出る分には交通の便も良いので特に困ってはいないですね。

小松私も東京から新幹線で90分くらいで来られて近いなと思いました!

謙一(信州じゃなかった男)そうそう。高速のインターは近いし、新幹線に乗れば90分で東京にも着くし、軽井沢も車ですぐなので、ここはここで有意義に生活できると思っています。

小松お子さんにとっても良い環境ですよね。

謙一(信州じゃなかった男)博物館や美術館が東京ほどあるわけではないので、教育の選択肢は少ないけど、その分、自然があるので伸び伸びと育ってくれていますね。
あ、あとは長野は車社会なので、送り迎えをするのが当たり前という生活になっていますね。これって都会ではあまり考えられないことなのかなと思ってます。東京だと自転車とか電車やバスで通えますからね。

写真+


移住までに解決しておいた方が良いことはありますか?

謙一(信州じゃなかった男)覚悟するってことですかね!
妻と結婚するって時点で婿にいくのは決まってたので、覚悟するしかない状態でした。でも婿も良いもんですよ!気楽ですし、家にいなくてもいいので(笑)

美都里(信州女)婿のすすめってことにしましょうか(笑)

妻+


信州でずっと暮らしたいと思いますか?

謙一(信州じゃなかった男)暮らすしかないですよね!
都会と比べると生活コストは圧倒的に安いので暮らしやすいです。
親と同居すると忙しいときは親が子供の子守りもしてくれるし、家事も手伝ってもらえるのでそういう意味でも暮らしやすいです。

店+

ライターの感想
とても雰囲気の良いご夫婦に、囲炉裏のあるお部屋でお話を聞かせていただきました。
旦那さんが嫁ターンということもあって、男としては色々気になるところもあり(笑)、楽しくお話を聞くことができました。
移住となると色々と頭で考えてしまいがちですが、旦那さんの「覚悟しかない!」という言葉がとても心に響きましたね!
お店のある柳町は、瓦屋根の古い町並みがとっても印象的です。ぜひ観光でも足を運んでいただきたい場所でした。



バイバイ+


関連する記事

大正時代から続く国剪定保存技術「屋根板製作」の伝統技法を守っていく職人。

栗山木工有限会社

木製品製造業
勤務地: 長野県大桑村 | 中信
募集職種:職人 [ 新卒/中途 ]

信州の伝統食「おやき」。 広く世界へと、信州の食の豊かさを伝えていきたい。

有限会社いろは堂

食料品製造業
勤務地: 東京、立川、横浜 | 県外
募集職種:接客・販売スタッフ [ 東京でのアルバイト ]