トップ >  POST > まだ東京にいる > 信州での活動 > 【学生の活動】安曇野次世代プロジェクト「Youth A Wake」

【学生の活動】安曇野次世代プロジェクト「Youth A Wake」

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

こんにちは!書きまくるライターの中野です。

突然ですが、長野県には、学生達が主体となって地域を盛り上げる活動を行っている団体が数多くあることをご存知でしょうか?
長野県内で活躍している学生はもちろん、首都圏の大学に通いながら地元を盛り上げている学生もいます。そんな長野県内外で日々奮闘する学生をどんどんご紹介していきます!


第1回目は、「安曇野市次世代プロジェクトYouth A Wake」を取材させていただきました!

s_DSC_0327 (1)

安曇野市次世代プロジェクトYouth A Wake

(左)(副代表)慶応義塾大学3年 山田広樹さん
(右)(代表)早稲田大学3年 中澤誠人さん


どのような経緯で団体を立ち上げたのでしょうか?

山田さん確か、まっちゃん(中澤さん)が大学入学のために上京して、5月に横浜のみなとみらいに行った時に立ち上げを決めたんだよね。

中澤さんそう、本当にいきなり立ち上げたよね。地元の男3人でみなとみらいに行き、自分たちの地元への思いを話している中で団体を立ち上げようと決めました。
僕が今の活動を始めたいと思ったきっかけは、安曇野の「くまさん」という方の一言ですね。「くまさん」は、自然を使ってラフティングやアウトドア系の体験ができる「わんだぁえっぐ」という事業をしている方で、僕たちが小学生の時に参加した「サマーキャンプ」でとてもお世話になった方なんです。僕は、自然豊かな安曇野の魅力を最大限に引き出しているくまさんを尊敬していました。

s_DSC_0330
たまたま高校生の時に、久しぶりにくまさんと会う機会があったのですが「昔よりも街が元気じゃなくなっているけど、お前たちはいいのか?」と言われたんです。僕も、小学生の頃よりも若者が減って、安曇野全体に元気がなくなっていると感じていました。けれど、行動には移せていなかった。くまさんの一言で「地元を自分の力で元気にしたい!」という気持ちが芽生え、Youth A Wakeを立ち上げることにしました。


Youth A Wakeはどんな活動を行っているのでしょうか?

山田さん安曇野を中から元気にする活動と、外へ街の魅力を発信する活動を行っています。まず、中から元気にするために行っている3つの活動をご紹介します。

s_DSC_0329
「若者が活躍するステージ作り」
安曇野市には、2年前に僕達が団体を立ち上げるまで、Youth A Wakeのような若者が主体となって街を盛り上げるような団体がありませんでした。だから自分たちは、「地元のために何かしたい。」と思ってもなかなか行動に移せませんでした。今後、僕達のように地元を盛り上げたいと思う若者が出てきた時に、すぐに活動が出来るようなフィールドを作っていきます。主に、県内にある他の地域を盛り上げている団体とコネクションを作ったり、活動の手伝いをすることでノウハウを学びます。

「後に続く若者の発掘・育成」
後に続く若者、つまり地元の高校生に向けての活動も行っています。少しでも地元に興味があったり、安曇野が好きで自ら何か始めようとしている高校生にコンタクトをとって彼らの活動のサポートをしたり、相談にのったりしています。

11749488_667475640051660_1346513146_n

「自分の強みを活かしたオリジナルの活動」
団体の中でも個々の能力や得意分野があるので、個人が能力を発揮できるような活動を積極的に行っています。例えば、僕は国際交流に興味があるので、地元の高校生と留学生を集めて交流イベントを不定期に行っています。昨年末には高校生と留学生のクリスマスパーティーを企画しました。

11748674_667475643384993_2021304322_n
続いて、外の人に安曇野の魅力を発信することについては、今のところSNSで発信すること、そしてサマーキャンプを夏に開催することの2つがあげられます。
11753787_667475633384994_342591064_n

サマーキャンプは、地元の高校生と都会の大学生を対象にしています。都会の大学生はなかなか安曇野に来る機会がないと思うので、キャンプを通して肌で安曇野の良さを感じてもらいます。また、地元の高校生には、普段話す機会のない大学生と様々な話をしてもらい、見聞を広めてもらいます。

11748556_667475636718327_1068945743_n

Youth A Wakeを運営するにあたって何か悩み事はありますか?

中澤さん後継者がなかなかいないことですね・・・。

山田さん僕たちはYouth A Wakeという団体で活動してはいるのですが、安曇野が元気になることが僕達の目的であり目標なので、団体に固執しているわけではないんです。「この団体だからこのイベントをやらなきゃいけない!」という強制力はなく、団体の枠組みを超えて、地元を元気にする仲間を増やしていきたいと思っていますね。

中澤さん安曇野市をはじめ、長野県内全体にもっと自主的に企画を立てて提案できるような若者が増えれば、嬉しいですよね。僕達も全力で協力したいですし、逆に手伝ってもらいたいです(笑)。

s_DSC_0325
インタビューは以上です!山田さん、中澤さんありがとうございました!

さて、文中にも出てきたYouth A Wake主催の「安曇野次世代サマーキャンプ」を8月6日(木)、7日(金)に開催するそうです!
安曇野を知り尽くしたYouth A Wakeのメンバーが提案する安曇野を満喫できる1泊2日。現在参加者募集中(7/25締切)なので興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

Youth A Wake主催 第2回安曇野次世代サマーキャンプの詳細お申込みはこちらから!

安曇野次世代プロジェクトYouth A Wake
webページ http://youth-a-wake.jimdo.com/
FBページ https://www.facebook.com/youth.azumino.wake
Twitter https://twitter.com/YouthAW13