トップ >  POST > まだ東京にいる > 信州での活動 > 【学生の活動】Youth ship主催 アンカンファレンス「ぶっちゃけ」

【学生の活動】Youth ship主催 アンカンファレンス「ぶっちゃけ」

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

こんにちは。書きまくるライターの中野です。

長野県内の学生の活躍を紹介するこのコーナー。今回は、高校生の団体を紹介します!
先月、高校生主催で開催された「高校生プレゼン大会」でも高校生の熱量の高さが伺えましたが、どうやら、今長野県内の高校生がアツいらしいです・・・!
さっそくどんな活動を行っているのか見てみましょう!!


今回訪れたのは、“アンカンファレンス「ぶっちゃけ」”というイベントです。
アンカンファレンスとは、テーマやルールを設けず、参加者が自分の話したい議題を持ち寄り、自由に行う議論のこと。

DSC_0712
イベントの主催は、「船出しよう ~自分を変える出会いを求めて~」をテーマに活動を行っている「Youth ship」の皆さん。
長野高校、長野西高校の生徒8名からなる「Youth ship」は、2013年開催の小布施サマースクールをきっかけに出来た団体です。

10959433_705128952936831_634156394919157812_n
今回“アンカンファレンス「ぶっちゃけ」”の会場になったのは、長野市のギャラリー花蔵さん。
元々お酒の貯蔵庫だった建物を信州大学の学生が改修し、多目的ホールとして生まれ変わらせたそうです。

s_DSC_0710
ちなみに、題字を書いたのは実行委員の長野高校3年小池薫くん。小学校2年生から書道を始めたそうですよ。とても力強い文字!
s_DSC_0751
当日は、以下のスケジュールで進行していきました。

・自己紹介、「アイデンティティーの木作り」
・ぶっちゃけタイム①
・ぶっちゃけタイム②
・ぶっちゃけタイム③
・ぶっちゃけタイム④
・振り返り
・記念撮影

s_DSC_0764
まずは、5班に分かれて自己紹介。参加者は、長野高校、長野西高校など長野市内の高校生が多数!

s_DSC_0725 次に、「アイデンティティーの木」作りをしました。
参加者と語りたいテーマや質問事項と自分の名前を模造紙に書き込んでいきます。

s_DSC_0731 班ごとに作成した木をずらっと壁に並べていきます。

s_DSC_0766 「アイデンティティーの木」に書かれた様々なテーマ。この中から、自分は今回どんな話をしたいのかを決めます。
4回のぶっちゃけタイムで、興味のあるテーマごと集まってトークを始めます。

s_DSC_0738 こちらでは、「受験勉強期に恋愛は必要?不必要?」というテーマを中心に展開し、

s_DSC_0761 こちらでは、旬の話題「安全保障問題」について議論!ふせんを利用して、視覚的にみんなの考えが見える工夫も。

s_DSC_0728 他にも「尊敬する人」や「理想の自分と現実の自分」など様々なテーマで議論が進められました。
1テーマ30分、計2時間のぶっちゃけタイムでみなさん大盛り上がり!まだまだ話し足りない様子でした。

s_DSC_0769 ぶっちゃけタイムの後は、この会での気づきや学び、自分が今後アクションしたいことを思い思いに紙に書いて終了!

s_DSC_0778 最後は参加者全員で記念撮影です!

普段の生活の中で、1つの話題について深く話し合う機会ってなかなかないもの。今回のアンカンファレンス「ぶっちゃけ」では、自分がいつも思っている疑問や、誰かに意見をもらいたいテーマについて思い切りぶっちゃけられたのではないでしょうか!
なにより、高校生の発言力の高さに驚きました!自分の思いや考えを相手に伝えるのが本当に上手!

主催のYouth shipのみなさんの活躍から今後も目が離せませんね!
企画、準備から当日の運営まで本当にお疲れ様でした!