トップ >  POST > まだ東京にいる > 信州での活動 > 【学生の活動】信州若者1000人会議2013
学生プレゼンター
土屋大輔さん

【学生の活動】信州若者1000人会議2013
学生プレゼンター
土屋大輔さん

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

こんにちは!書きまくるライターの中野です。

今年6月末に開催された第3回信州若者1000人会議。メインイベントのひとつである学生プレゼン大会では、6名の学生が信州への想いと、自分が信州とどのように関わっていくかを発表しました。

IMG_9673 昨年、一昨年の信州若者1000人会議でも行われ、大好評だった学生プレゼン大会なのですが、あの場で発表をした学生は今どのような活動を行っているのでしょうか?・・・とても気になりませんか?

そこで、第1回信州若者1000人会議(2013)で学生プレゼンを行った学生に、取材をしてみました!!
あの大舞台で、どんなプレゼンをどんな気持ちでしたのか・・・あの時の発表が今にどう活きているのか・・・・
さっそく話を聞いてみましょう〜!!

DSC_0624-520x344

2013年信州若者1000人会議学生プレゼンター
慶應義塾大学大学院1年(発表時、同大学3年) 土屋大輔さん

学生プレゼン大会ではどんなことを発表したのでしょうか?

1010242_480357098710605_1579996266_n 土屋さん僕は昔から小説家になりたくて、創作活動を行っていたんです。大学進学後もその夢を追いかけていたのですが、一人で創作活動を行っていると、気持ちが折れることが多いんですよね・・・。
そんなことを考えているときに、信州若者1000人会議(現・信州若者会議)代表の児玉さんに誘われ、プレゼンをする機会をいただきました。学生プレゼン大会では、小説家に限らず、ゲームや漫画やその他クリエイティブな活動を行いたい信州出身の若者に向けクリエイティブチーム「RoW」を提案し、やる気を高め合うメンバーを募集しました。

プレゼン後、「RoW」の活動はどのように行われたのでしょうか?

土屋さんプレゼン直後に、自分と同じ志を持った学生や社会人の方からお声がけいただきました。
しかし、団体を機能させることが出来ず活動は頓挫してしまったのです・・・!

現在はどのような活動を行っているのでしょうか?

土屋さん主に2つの活動を行っています。
まず、プレゼン後に声を掛けてくれた方と僕の中学時代の同級生と一緒に携帯用のゲーム(アプリ)の開発をしています。ゲームって色んな力の集約だと思うんです!シナリオを書く文章力だったり、プログラミング能力だったり、イラストだったり・・・。自分と同じ志を持った仲間と一緒に力を出し合ってひとつのゲームを作ることが楽しくて仕方ないです!

また、現在僕が学んでいる慶應義塾大学の岡原ゼミ(社会学)を小諸に誘致して、小諸の商店街の方々とゼミ生で様々なイベントを開催したり、市が開催するイベントの手伝いをしたりしています。
例えば、小諸の市民祭りで街の方々の写真を撮影して貼り出し、祭りの盛り上がりを共有できるボードを作りました。
11667454_10204995792559421_1775592977498985038_n
Facebookの画面を模した枠を使って撮影を行ったのですが、こちらが大好評!みなさんカメラを向けると素敵な笑顔で写ってくださいました。
11693949_1691915647703133_6036736330172888135_n 今後も学生ならではのアイデアで、商店街の方々と一緒に街を元気にしていきたいですね。
あと、大学3年生から新幹線通学をしているので、そちらももっと周りに広めていきたいです(笑)。


以上、土屋さんへのインタビューでした!
充実した毎日を送っている土屋さんは、大学3年生の時に活動拠点を東京から長野に移し、地元での活動量がぐっと増えたそうです。
面白い活動にこれからも注目していきたいと思います!土屋さんありがとうございました〜!