トップ >  POST > まだ東京にいる > 信州での活動 > 【学生の活動】信州若者1000人会議2013
学生プレゼンター
及川結さん

【学生の活動】信州若者1000人会議2013
学生プレゼンター
及川結さん

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

こんにちは!書きまくるライターの中野です。

今年6月末に開催された第3回信州若者1000人会議。メインイベントのひとつである学生プレゼン大会では、6名の学生が信州への想いと、自分が信州とどのように関わっていくかを発表しました。

IMG_9673 昨年、一昨年の信州若者1000人会議でも行われ、大好評だった学生プレゼン大会なのですが、あの場で発表をした学生は今どのような活動を行っているのでしょうか?・・・とても気になりませんか?

そこで、第1回信州若者1000人会議(2013)で学生プレゼンを行った学生に、取材をしてみました!!
あの大舞台で、どんなプレゼンをどんな気持ちでしたのか・・・あの時の発表が今にどう活きているのか・・・・
さっそく話を聞いてみましょう〜!!

10373839_644453262316061_3187853676943742903_n

社会人(発表時、上智大学4年) 及川結さん

なぜプレゼンターになったのでしょうか?

9197729028_317afe768a_z 及川さん第1回信州若者1000人会議の運営をしていた株式会社地元カンパニーで、インターンをしていたことがきっかけでしたね。私は、出身は長野県ですが、10歳の時に東京へ引っ越し、東京で育ちました。1000人会議にスタッフとして参加することが決まった時に、モチベーションがなかなかあがらなかったんですよね。どんな立ち位置で自分は1000人会議を作り上げていけばいいんだろうと模索していました。
そんなときに、地元カンパニーの児玉さんから学生プレゼンへの参加を任じられプレゼンターになりました(笑)。

どのようなプレゼンをしましたか?

9197809666_917303585b_z 及川さん「いきつけのムラツアー」の紹介をしました。親戚の別荘が原村にあったため、私は東京に引っ越した後も毎年のように長野県に足を運んでいたんです。原村にある昔から行きつけの場所を、東京にいる長野県出身の友達に案内しようというコンセプトで、ツアーを実行したところ、とても喜んでもらえました。
大学進学を期に地元を出て首都圏に行った友達は、自分の生まれ育った地元を卑下したり、誇りを持たなかったりすることが多くて・・・。そんな友達に向けて「自分の地元に東京から友達を連れて行け〜!」というメッセージを送りたかったんです。
そしてプレゼンの最後には、「今年度中に原村に移住します!」という宣言もしました。

実際に原村へ移住したのでしょうか?

及川さんはい!プレゼンをした2013年度の3月、大学の卒業式の前日に移住しました!厳密に言うと原村ではなく、茅野市なんですけどね(笑)。原村に移住しようと思ったきっかけは、私のおばあちゃんが茅野市にある老人ホームに入居していたから。私が移住してきたらおばあちゃんは絶対に喜ぶと思いました。身近な人に喜んでもらう方法として移住を選択しました!

今はどんな活動をしているのですか?

11721787_866959563373870_992117733_n 及川さん移住して、茅野市の企業で働いた後、結婚を期に会社を辞め、人生模索中・・・(笑)。現在は、原村を中心に活動する「ヤツガタケシゴトニン」という団体の方々と、インターンをしていた地元カンパニーと一緒に「八ヶ岳のギフト」というカタログギフト作りをしています。
14500873982_764028e226_z 十数種類の長野県内の特産品が記されたカードが封入された「地元のギフト」を私の結婚式の引き出物に参列者に贈ったところ、とても好評でした。私の住む茅野市、原村などで構成される八ヶ岳地域の特産品でギフトが作れたら素敵だと思い、「八ヶ岳のギフト」作りを始めました。
クラウドファンディングという方法でギフト制作の資金集めをしているので、ぜひご協力いただきたいです!
tab01_yatsugatake.slide1 現在、及川さんが製作中の「八ヶ岳のギフト」の詳細はこちらから!