トップ >  POST > 長野で働く > 長野の経営者 > 母校で先輩経営者と語る座談会 〜長野県上田高校①

母校で先輩経営者と語る座談会 〜長野県上田高校①

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

母校で先輩経営者と語る座談会 〜上田高校篇

開催日:2014 年5 月31 日(土) 9:00~11:00
会場:長野県上田高校 同窓会館( 長野県上田市大手1-4-32)
参加者:日精エー・エス・ビー機械株式会社 代表取締役社長 青木高太様
大学院生1 名 大学生 4 名 高校生 1 名 ※すべて上田高校卒業・在学
主催:信濃毎日新聞社・一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター・一般社団法人信州若者1000 人会議
※母校で先輩経営者と語る座談会は、全国中小企業団体中央会補助事業「平成26年度地域中小企業の人材確保・定着支援事業」の補助を受けて開催しています。

uedamemberssp
uedateacheraoki 青木高太

1972 年生まれ。「日精エー・エス・ビー機械株式会社」代表取締役社長。上田高校卒業。
東邦大学卒業後の1997 年4 月、ペットボトルをはじめ各種プラスチック容器を製造する
成形機と金型、付属機器及び部品の製造販売を行う「日精エー・エス・ビー機械株式会社」
に入社。入社後すぐにインドプロジェクトに関わり、約5 年間インドに駐在。現在も世界各国
で事業を展開し、生産・販売の拠点を増やしている。

uedastudent1
小林愛美

出身地/長野県上田市 現住所/長野県上田市
所属/清泉女学院短期大学・幼児教育学部 学年/ 1 年 年齢/ 19 歳

uedastudent2
池田彩花

出身地/長野県上田市 現住所/神奈川県川崎市
所属/専修大学・文学部 学年/ 1 年 年齢/ 19 歳

uedastudent3
小林大輝

出身地/長野県上田市 現住所/東京都杉並区
所属/明治大学・法学部 学年/ 2 年 年齢/ 21 歳

uedastudent4
山﨑永美花

出身地/埼玉県さいたま市 現住所/長野県東御市
所属/上田高校 学年/ 3 年 年齢/ 17 歳

uedastudent5
佐藤歩実

出身地/長野県上田市 現住所/東京都文京区
所属/お茶の水女子大学・生活科学部 学年/ 3 年 年齢/ 20 歳

uedastudent6
北沢伸章

出身地/長野県上田市 現住所/長野県長野市
所属/信州大学大学院・建築学専攻 学年/修士1 年 年齢/ 22 歳

uedazadankai1

小諸市に本社を持ちながら、売り上げの90%は海外から。
日本の高い技術力で付加価値のあるものづくりを。

青木「日精エー・エス・ビー機械株式会社」は本社が小諸市にある会社です。
ペットボトルをつくる「機械」や「金型」をつくっているメーカーですが、みなさんの手元にあるペットボトルも、当社の機械でつくられたものです。

一同(ペットボトルを手に取る)

青木当社の特徴は、大きく二つあります。
まず一つ目として、売り上げの約90%が海外からということです。この信州に本社を持ちながら、海外との付き合いが非常に強い会社なんですね。日本国内にも50 社ほど取引先がありますが、県内企業はそのうち1 社のみです。
そして二つ目の特徴が、インドの大きな工場で様々な機械や金型を生産して、世界中にそれらを売っているということです。小諸の本社で働いているのはだいたい250 人くらいですが、インドでは1200 人くらいの人が働いています。もちろん日本の会社ですが、あまり「日本」ということを意識せずに世界中で事業を展開しています。

「じゃあ、なんで日本に本社があるんだ?」と皆さんは思うかもしれないですね。ものづくりって海外の方が安いんですが、日本に残るものって技術力の高いものや、付加価値のあるものなんですよ。ですから、当社の機械でつくる製品はペットボトルといっても化粧品や日用品など、形状が複雑で付加価値の大きいものが多いんですね。「高い技術、サービスで恒久的な存続を追求する」というのが当社の経営理念でもあるので、付加価値の高いものづくりをしています。さらに経営理念で「人と社会に豊かさを提供する」ということも大切にしています。

小林大ペットボトルではなくて、ペットボトルをつくる機械をつくっているんですよね?

青木そうです。多分、皆さんはペットボトルがどうやって作られているか知らないでしょう?
まず、「ペット」という原料を試験管のような形に成形するんですね。そして、そこに空気を入れたり強制的に棒でのばしたりして、ペットボトルの形をつくっていくんです。なので、そういう機械を作っているということになります。

北沢先ほど経営理念として「人と社会に豊かさを提供する」とおっしゃっていたんですが、青木さんは「豊かさ」をどのように捉えていますか?

青木私は、世界中の人が少しでも笑顔になること、「良かったな」と思えること、それにお金や地位、成長していくことも含めて豊かさだと思っています。
例えば「ペットボトルって、何が豊かさに繋がるんですか?」と思うかもしれないけれど、ペットボトルがあれば安全な水をさまざまな場所に運ぶことができるよね。世界中を見ると、まだまだ綺麗な水が飲めない国がそこら中にありますから、このペットボトルを使うことで汚れた水を飲んで病気に感染するの人を減らせます。病気の人が減れば、それだけ幸せな人が増えるよね。そういう繫がりをつくっていくことが豊かさだと思っています。
あとは、利益を追求していくこと。なぜかというと、ひとつは社員に利益を還元していくことだよね。企業はやはり、人ですから。社員が「この会社にいてよかったな」と思えることも豊かさだと思うし、幸せだと思うんですよ。それと共に、日本や地域に大きく貢献できるのは税金だと思います。
税金をしっかり納めて、その国の安全が守られたり、インフラが整ったりっていうことですよね。そういうところでも一つ貢献ができてるなという思いはありますね。そういうのを全体的に豊かさだと思っています。

北沢ありがとうございます。


関連する記事

お客さまにご満足いただけるものを地域の中で生み出していけることに喜びを感じられる仕事

上田第三木材合資会社 求人情報

建設・土木業
勤務地: 長野県東御市 | 東信
募集職種:現場管理者・配送業務・事務 [ 新卒/中途 ]

すべてが、信州の食生活の豊かさに繋がっている。

長野県連合青果株式会社

卸売業
勤務地: 上田市・長野市・松本市・諏訪市・佐久市・群馬県伊勢崎市 | 県内外
募集職種:営業、企画開発、総務、物流 [ 新卒/中途 ]