トップ >  POST > 長野で働く > 長野の会社 > 株式会社サイベックコーポレーション

株式会社サイベックコーポレーション

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

DSC_0909-520x344

株式会社サイベックコーポレーション 代表取締役社長 平林 巧造

IMG_1289
塩尻市に本社・工場を置く株式会社サイベックコーポレーション。自動車機能部品を中心に超精密部品の金型開発とプレス加工を行っている企業です。最近は医療部品市場へ参入するなど、常に新たな分野や市場を切り開いています。
「社員は家族」をモットーにするサイベックコーポレーションの専務取締役、白井さんに女性や家族を持つ社員が働きやすい環境を整えるための仕組みについてお伺いしました。



女性が活躍する企業・サイベックコーポレーションの取り組み


【小学3年生になるまで利用できる「時短勤務」】
白井さん お子さんが小学3年生になるまで利用できる時短勤務の制度があります。2時間の短縮勤務が可能です。

【最長3年取得できる「産休・育休」】
白井さん 弊社では産休・育休を3年間取得可能です。現在もひとり、女性社員がこの制度を利用しています。さらに子育ては長期間にわたることですから、男女に関係なく残業をせずに帰宅し、子育てや家事を夫婦でお互いに協力しあえる環境づくりにも取り組んでいます。例えば月に1回設けている「No残業day」や忙しい部署の人の仕事をみんなで回す協力体制など、社員がしっかりと家庭の時間も確保できるように取り組んでいます。

【女性にとって働きやすい環境を考える「なでしこ事務局」】
白井さん 産休・育休や時短勤務の制度は、「なでしこ5S委員会(現:なでしこ事務局)」の女性社員が中心となって検討され、制度化されました。現在は、女性目線での職場環境改善や社内行事の企画などの提案を彼女たちにお願いしています。

【子育て中の主婦「出勤時間」】
白井さん 弊社のパートさんは子育て中の主婦が多く、勤務時間は1日5時間から6時間という方々です。そのみなさんは、出社時間がバラバラなんです。なぜなら子育て中のみなさんは、子供の生活リズムによって自分の生活リズムが決まります。子供のリズムに合わせて、出社時間を選んだ方が働きやすい環境になるからです。私たちは、子育て中の方々にとって働きやすい環境を整え提供していくことが重要だと考えています。

「女性、男性、正社員、パートに関係なく、いろいろな生き方や働き方をみんなで補っていければ」と語ってくださった白井さん。家族と呼ぶ社員の方一人一人への思いやりを感じました。

IMG_1270 (1)

今後力を入れていきたい取り組み


白井さん 現在、女性社員の多くは事務や品質管理の部門で活躍してくれています。近年は女性に幅広く活躍してほしいと営業部門で女性を採用しました。今後は女性に「ものづくりの現場」に入り、どんどん活躍してほしいと思います。そのためにも、女性がいつまでも安心して働き続ける環境を整えることが急務の課題だと考えています。
また、産休・育休を取得した女性社員の復帰も、今後サポートしていきたい部分です。3年間は子育てに専念しながらも「スキルを落としたくない」と願う社員も多くいると思いますから、しっかりとサポートしていきたいですね。
さらにパートさんのスキルアップの仕組みづくりにも力を入れていきたいです。現在も、子育てが一段落したパートさんで希望される方には段階的に「準社員」「社員」とステップアップができる制度を整えています。サイベックで働くすべての人が自分のやりたいことを見つけ、それに挑戦できる環境を作っていきたいと思います。

IMG_1278

U・Iターンを考えている方へのメッセージ


白井さん 私たちは情熱を持った人と働きたいと考えています。どんなに素晴らしい制度を作ったとしても、それらを活かすためには情熱がなければいけません。私たちはもの創りでお客様、地域を幸せにする会社を目指していますから、自分自身が情熱を持って行動できる人と働きたいですね。
当日、お会いできるのを楽しみにしています!

さらに今回は、サイベックコーポレーションで働く女性社員の方にもお話を伺いました。経営品質部主任技師の大久保さんです。

サイベックコーポレーションで働く女性社員

IMG_1239
大久保さん 私がサイベックコーポレーションで働きはじめてから、通算で11年目になります。なぜ通算なのかというと、子育てを理由に一度退社をしているから。
私が第1子を出産した当時、サイベックの育児休暇は子どもが満1歳になるまででした。ですから私も子どもが満1歳になると職場へ復帰。仕事中は子どもを実家に預け、仕事終わりに急いで迎えに行きすぐに授乳をして…といった生活を続けていました。朝も早かったので寝ている子どもを起こして実家に預け、朝ごはんも一緒に食べられないような状況の中で、子どもに申し訳なく思う気持ちがとても大きくなりました。そして第2子を妊娠。出産前にもう一度自分の生活を見直し「子どもが2人になってこの生活を続けるのは厳しい」と判断。退社することを決めました。
退社の意志を伝えるときに私の弟でもある社長に「若い女性社員も増えているサイベックで、女性が働きやすい環境を整えなければ、優秀な女性社員を失うことになるよ」と言いました。その後、社長の働きかけで、なでしこ事務局が主体となり、就業規則が見直されることとなったのです。現在では満3歳まで産休・育休が取得できますし、今までは満3歳までとされていた短時間勤務も、小学校3年生まで利用可能になりました。
実際、7歳と3歳の子を持つ私も、時短勤務の制度を利用し職場に復帰させていただき、現在は1日5時間勤務をしています。

また、弊社の取り組みの中で嬉しいのは「家族参観日」というイベントです。シルバーウィーク中にも開催されたのですが、社員の子どもたちが働くお父さん・お母さんの様子を見に来るというものです。我が家の子どもたちも「お母さんが働いているのを見てみたい」と言って、見学に来てくれました。子どもたちに見られながら働くのはなんだか恥ずかしかったのですが、ちょっとじーんとして、もっと仕事を頑張りたいなという気持ちになりました。
我が家は夫もサイベックで働いているので、子どもたち2人と4人で記念写真を撮ってもらいました。4人で写真を撮る機会はなかなかないので、とても良い記念になりましたね。現在、この写真は我が家のリビングの真ん中に飾ってあります(笑)。

IMG_0248
さらに弊社は、女性社員の結束がとても強いと思います。先日も「なでしこ飲み会」という女性社員のみでの飲み会を開催したのですが、参加率はなんと100%!仕事やプライベートの悩みを共有し、そこから今後変えていかなくてはいけない会社の制度も見えた気がします。育休中の社員も参加してくれ、復帰にあたっての不安や解決しておきたいこと、現在の会社の様子などを話すことができました。子どもと一緒に参加してくれた社員もいて、とてもアットホームでした。今後、もっともっと女性社員が増えると嬉しいですね。
IMG_1283

株式会社サイベックコーポレーションへのエントリーはこちらから!