トップ >  POST > 長野で働く > 長野の会社 > アトリエ DEF

アトリエ DEF

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

komorebi01 アトリエDEFは長野県上田市に本社を置き、長野・群馬・山梨・関東の一部を施工範囲として営業所を各地に置いています。住まい手の方に「安心・安全」な暮らしを提供し、地球にも負荷をかけない徹底した家づくり。みんなが「うれしく たのしく しあわせに」を社訓に新築住宅、注文住宅、古民家改修、住宅リフォーム、設計・施工を行う会社です。八ヶ岳が一望できる長野県原村に住むため、一昨年 住宅メーカーから転職され夫婦で東京から移住したという、採用担当の中森さんにお話を伺いました。

DSC_0146 (2)アトリエDEF 採用 兼 広報 中森健二さん
(入社2年目 山梨営業所勤務)
~アトリエDEFが取り組む事業について、また、遊休不動産や街づくりとの関わりについてお教えください~

― 日本の木と自然素材でつくる、住む人と地球にやさしい住まいを提案する工務店 ―
主要な事業としては新築戸建て住宅の請負、設計から施工までを行っており、年間約30~40棟受注しています。住宅の受注という点では他の工務店さんと一緒なのですが、当社の家づくりの特徴としては、創業から20年、化学物質を出来るだけ家の中に取り入れないという事に取り組んできたことです。いわゆる自然素材と呼ばれる素材を使った家づくりをしています。
例えば木材は国産の無垢材で防カビ剤、防腐剤を塗布していないもの。断熱材もグラスウール、ロックウールのような化学的な断熱材は使わずに、羊毛断熱材を使っています。そしてもう一つ大きな特徴としては土壁を使っています。古民家などでよくある昔ながらの伝統工法の土壁は壁の内側、外側両方に土を塗っていますが、当社ではそれを現代版にアレンジして、内側に土壁を塗って断熱材を挟んで外側は外壁材を施すという工法をとっています。土壁の良さである調湿性蓄熱性は保ちつつ、快適に暮らせるようにしている所が大きな特徴ですね。
目指すのはいつか家が役目を終えてそれが朽ちた時であっても、最終的にはすべてが土に還るような、地球環境に負荷をかけない、人にも地球にもやさしい家づくりです。
当社の代表が話していましたが、昔、古民家を一度壊して、別の場所でもう一度組み直したことがあり、その時に全く何のゴミも出なかったそうです。家ってこうあるべきなのではないかという考え方に基づいて取り組んできています。
当社のホームページにもその辺りの説明はされていますが、施工事例など、写真を撮ったり、文章考えたり、レイアウトしたり、基本は全部自分達で作って、DEFの世界観を表しています。

お客様も、私達の素材や環境への考え方に共感してくださる方が多いです。一般的なお家だと快適に住まう事が出来ない方やそういう家に暮らしたくないという想いの方、自分も家族もみんなが体に負担をかけることなく、また、周りの自然環境に負荷をかけることなく暮らせる家、と考えた時にDEFの家を選んでくださいます。家って単純に箱だけではないので、その中でどう暮らすか、着るものや食べるもの、暮らしに繋がるものすべてに想いを持っていらっしゃるお客様が多いです。
極端な事を言うと、当社の場合はお客様がこうしたいと言ってもそれは出来ないとか、こだわりの部分を理解して頂けるお客様に来て頂いています。ビニールクロスを貼りたいって言ってもお断りしますし、システムキッチン入れたいって言ってもお断りします。その辺りはやっぱりDEFのこだわりですね。

キャプチャ

― 社員全員での森林整備や自然素材の暮らしに取り組む ―
当社は営業所が上田市、長野市、八ヶ岳(原村)、群馬、山梨にあります。各営業所のスタッフが企画して、見学会のほか、様々なイベントを開催しています。稲刈りや、味噌づくり、漬物を漬けたり、・・。その地域のお客様との繋がりを大切にする意味もありますし、やっぱりDEFの家に携わってくれる業者さんや職人さんとの繋がりを大切にするという事もあります。誰も来なくてもそういうことをやっているんだというのを伝えていくのが大事かなとも思っています。

その他、社員全員で森の管理や手入れにも取り組んでいます。宮城県に木を植えて管理している森があるのですが、毎年10月に社員全員で手入れを行っています。そこはヒノキと杉の森で、あと15年もすれば、自分達で使える木になると思います。やはり自然素材の家を扱っているので、一番重要なのが木の事ですし、環境問題でもフォーカスされているのでそういった取り組みをしています。
長野県の原村でも当社が中心になってNPOを立ち上げて森林をお借りし、整備している所があり、8年前から毎年下草刈りと間伐を社員全員で年に3、4回やっています。自分達でやらないと言葉にならないというかお客様にも伝えられないんですね。暮らしという点でも、自分達で無農薬の野菜をつくったり、かまどでご飯を炊いて食べるとか、何でも自分達の手でやってみるっていうのを大事にしています。中身のある言葉を話すにはやっぱり自分達で手を動かさないと伝わらないというところがありますねからね。

当社は現在30名の社員がいます。普段はそれぞれの営業所に分かれていますが会議や勉強会で2か月に1回集まります。社員はいろんな人がいますが、女性は特にほんわかしている方が多いです。実はうちは女性の方が多いんですよ。設計は4人中3人が女性、広報も女性が多いです。広報はお客様が来たらモデルハウスを案内したり、イベントのDMや広告を出したり、ホームページや施工事例やブログ、八ヶ岳デイズ、フリーペーパー「てくてく」を作ったり、色々やっています。営業所やモデルハウスでは、お客様が来たら一緒にご飯を炊くことがありますがそれも広報がやっています。
年齢は20代後半~30代中盤の社員が多く、若い会社です。

積極的にリクルート活動は行っていないですが、いい人は常に求めているという感じです。うちは指示されて動くというよりは自分で考えて自分で動くことが求められますね。当然ですが、環境問題とか自然素材に興味があって共有して伝えていける人がいいですね。

DSC_0102 (2)
― 空き別荘問題への懸念 ―
現在、中古住宅のリフォームは数としては少ないですし、古民家改修も1年で1、2軒位ですかね。
リフォームはなかなか難しいですね、実際開けてみないと何が出てくるかわからない所があるので。特にこの高度経済成長期に建てられた家は大変な時があります。もっと昔の建物であれば、逆にちゃんとした木を使ってしっかり作ってある。中古住宅でリフォームしたいというお客様もいますが、色々な面を考えると新築の方が結果的に良く、そちらを提案する場合もあります。

ただ、原村とか八ヶ岳のエリアですと今後、空き別荘の問題がこれから10年位で増えてくるのではないかなと考えています。そうすると、だんだんと地域が荒廃していってしまうのではと懸念していて、別荘地域の廃墟化を防ぐという所に力を入れていけたらと思っています。たぶん一回荒廃してしまったら難しいと思うので、空き別荘をリフォームしたり次の世代が住み続けられるようにとか、そういう点でお手伝いできればと思っています。八ヶ岳周辺のエリアは移住してこられた方のお家の依頼が多いのですが、寒さ厳しく、雪も多少降りますので20年30年住み続けて高齢になると管理も大変になってくると思うんですよね。家づくりでもそういう観点が大切だと思っていて、最近の傾向としては小さなお宅や、平屋風の2階建てというか、1階ですべて完結できるような提案をしている所もあります。

01 ― 今後のDEFが取り組んでいくこと ―
事業の中身自体は変わらないですが、地域としては関東エリアに力を入れていきたいと考えています。つい先日群馬の営業所を街中から赤城山のふもとに移転したのですが、そこに新しくモデルハウスをつくっています。赤城山から見下ろすとやっぱり関東平野にたくさんの住宅があってたくさんの人がいるんですね。
DEFの家のイメージは、地方の緑豊かな地域に住みたいという方にヒットすると思いますが、一方で、そういう所に住めないけれど、街の中でそういう暮らしがしたいという方もたくさんいます。そんな方に向けてDEFの家を届けていきたいですね。都心でも、仕事や色々な事情で遠くまで移住は難しいけれど、埼玉や群馬等の近郊に移り住んでみようかなという方の需要をもう少し増やしていきたいと考えています。


アトリエDEFで働く若手社会人
DSC_0112 (2)
この会社に入社する前は空港勤務で接客業をしていました。接客は私にとっては先が見えてしまっていたというか、常に進んでいける、常に新しいことを考えて生み出していける仕事をしたくて設計をやりたいと考え転職を決めました。地元も前職も千葉だったので、最初は関東で探していたのですが、たまたま雑誌で広告を見かけて連絡したところ、すぐ来てみたらと言われ原村に行きました。そこで社長と話し、設計をやりたいっていう気持ちを買って頂き、雇って頂きました。入社を決めて4日後にはもう原村にいましたね。その後転勤し今群馬の営業所で設計業務をやらせて頂いています。

この仕事は100%正解とか間違いというのも無いし、それに向かって挑戦していけるので凄く面白い仕事だなと思います。前職だと30歳位まででみんな転職したり辞めて家庭に入ったりする方が多かったですが、私はずっと長く続けられる仕事がしたいなと思っていました。まだまだこれから続けていきたいと思っているのでこの仕事に就けて良かったなと思っています。

今は群馬県の高崎と前橋の間の街並みが一望できる高台に、ご夫婦のお住まいの設計をして、ちょうどこれから着工する所です。自然素材にこだわりがあるので出来る所と出来ない所は多少ありますが、やっぱりいい家だなと思うのでそれを率直に人に勧めていけるというのは凄くいい仕事ですし、ありがたいと思っています。転職して新しいことや仕事にも慣れてこの3年やってきましたが、知識・経験も無限大というか制限がない仕事、終わりがない仕事と思うので、これからも上に向かって進んでいけたらと思います。

今まで全く違う仕事していた人でも大丈夫ですよっていうのを皆さんに伝えたいです。私も空港勤務から設計業務への転職で、図面やCADも一から勉強しました。ガッツがあれば誰でも大丈夫ですよ、ヤル気を見せることが大事ですね。
前職でSE、営業、古民家再生会社勤務だった方々など、みんな仲が良く、年代も男女も部署も分け隔てなく楽しく働いています。
DSC_0116 (2)
アトリエDEFの求人情報はコチラ