トップ >  POST > 長野で働く > 長野で働く人を知る > 【松本市】ゆくゆくは、松本にダンスの文化が根付けばいいなと思っています。

【松本市】ゆくゆくは、松本にダンスの文化が根付けばいいなと思っています。

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

OLYMPUS DIGITAL CAMERA松本市出身
プロダンサー
ちびゆりさん


Uターンの経緯を教えてください。

ちびゆりさん信州にUターンしたのは大学を卒業してすぐ。実は当初、信州にはいやいや戻って来たんですよね(笑)。
高校生の頃にはじめたストリートダンスを仕事として、本気でやろうと決意したときに母から「フリーターをしながら東京でやるのもいいけれど、一旦松本に帰って来なよ」と薦められ、一時的なつもりでUターン。当時、田舎コンプレックスを持っていた私はモヤモヤを抱えながら松本に戻ることを決めました。最先端が集まる東京を離れ、松本でダンスを仕事にするなんて、難しいと思っていたんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そしてUターン直後、なんと膝の靭帯を切る大怪我をしてしまったんです。かなりのショックで複雑な想いを抱えながらリハビリの1年間を過ごしました。その間は自分自身と向き合い、生き方、働き方、ダンスとの向き合い方などさまざまなことを考えました。「わたしにとってのいい暮らし・働き方って何だろう?」と考えた結果、「私は松本にダンスの文化をつくりたいんだ」という想いに辿り着きました。それからは、松本市内・安曇野市内のダンススクールで講師をしたり、東京からダンサーを連れて来てイベントを開いたりと自分にしかできないことをしています。
あの怪我があったからこそ、改めて松本の人の魅力・街の魅力を感じ、その中で自分ができることをやりたいと考えるようになりました。今では大好きな松本でダンスができることが本当に嬉しいです。今年も、日本で一番大きなダンスコンテストへの出場権を手にできたので、「松本に住んでいてもできるんだ!」ということを思い切り表現してきたいと思います!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プライベートはどんなことをしていますか?

ちびゆりさん温泉へ行ったり、コーヒー屋さんを巡ったりすることが多いかな。
あとは仕事の延長で、2ヶ月に1回松本でダンスイベントを主催しています。ダンススクールの生徒さんや後輩が出演する他、友人のDJや東京からゲストを呼ぶこともあります。面白いのは、ダンスイベントなのにいろんなジャンルの人が集まること。東京のダンスイベントはダンス好きな人ばかりが集まりますが、松本でのイベントにはダンスを全く知らない人も来てくれるんです。
ゆくゆくは、松本にダンスの文化が根付けばいいなと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京で暮らしていた頃と変わったことはありますか?

ちびゆりさん昔は「東京の流れについていかなくちゃ」という変な焦りを感じていました。やっぱり最新のダンスとかカルチャーって東京にあると思っていたんですよ。けれど今は、そういった焦りは全く感じていません。それよりも松本から新しい文化を発信したいと思うようになりました。
今でも仕事で、東京へはよく行きますよ。イベントのショーに呼ばれたり、審査員として参加させてもらうこともあるんです。松本からの移動は大変ですけどね…(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人生グラフについて教えてください!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちびゆりさん

①東京に進出
憧れの東京暮らし!しかし街の流れについて行けず…。東京へ出ないと分からなかった信州の良さを再確認しました。

②Uターン後の怪我
Uターン直後は「嫌だな…」と思っていた信州での暮らし。怪我をきっかけに自分と向き合う時間ができ、松本で自分にしかできないダンス・働き方をしようと考えるようになりました。

③松本でイベントを開催
街の人から「ありがとう」と言ってもらえるのが一番嬉しいですね。ダンスイベントにふらっといろんな人が立ち寄ってくれるのが松本の面白いところだと思います。日常では交わることのない人と人の出会いの場として、これからも続けていきたいですね。

ライターの感想
松本でプロダンサーとして活躍されているちびゆりさんは、学生時代にストリートダンスの日本一に輝いたこともあるそう!
自分の好きなことを地元から発信する生き方がかっこいいですね。
次回のイベントには遊びに行ってみたいな〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA