トップ >  POST > 長野で働く > 長野で働く人を知る > 【長野市】小さい頃から竹細工をやろうと思っていました。伝統工芸の技術を伝えていきたいですね。

【長野市】小さい頃から竹細工をやろうと思っていました。伝統工芸の技術を伝えていきたいですね。

|文・写真・取材:地元カンパニー / 長野県出身

s_IMG_0847 原山竹細工店 
4代目 原山昭俊さん


事業にはいつから携わっているのですか?

原山さん江戸時代、戸隠は作物が採れず、竹を年貢の変わりに納めていたんですよ。うちの家系は代々竹細工をやってきて、僕で4代目なんですね。昭和の初め頃、戸隠のこの辺の地域に竹細工の店ができ始めたようです。
小さい頃から竹細工をやろうとは思っていました。県外の大学へ進学し、卒業後に長野に戻って来て、40歳までは長野市内でサラリーマンをやっていました。なので竹細工を始めたのは15年前ですね。祖父が亡くなったことがこの世界に入るきっかけでした。今まで父親と祖父が2人で頑張っていたので入る隙がありませんでしたから(笑)。
ウェブサイトでの販売も3年前から始めました。

s_IMG_0754


どんな想いで商品を作っていますか?

原山さんそばざるは、作る人によってふちの巻き方が違うので、どの職人が作ったかがすぐに分かります。商品を注文して下さるのは、そば屋さんが多いですね。
この辺の竹はしなやかな根曲がり竹なので、丈夫で長持ちすることから、生活の中で使う物が良く作られています。お客さんは「10年、20年使っても壊れないよ。」と言ってくださいます。今でも私の父や祖父が作ったものを使って下さっていますね。
使っているとだんだん愛着が湧いてくるものなので、プラスチック製品ではなく、竹細工を使っていただけたらありがたいですよね。

s_IMG_0790


若者へメッセージをお願いします!

原山さん工芸品って全国的にそうだと思いますが、後継者がいないんですよね。このままだと伝統がなくなってしまうので、若い人に携わってもらえると嬉しいですね。大変な面は沢山ありますけど、価値のあるものなので今やっている我々もその良さを伝えていきたいと思います。
弟子入りに関しては歓迎ですね。技術を教えることは出来ますので是非来ていただきたいです。戸隠はUIターン希望者に優しい街だと思いますし。

s_IMG_0808


プライベートの過ごし方や息抜きの方法を教えて下さい!

原山さん休みはあるような、ないような…。
たまにゴルフに行きますね。お土産屋さんの仲間がいるので、みんなで蕎麦を打ったり、手ぬぐいを作ったり、焼酎を作ったり、色々なことをしています。
お酒はかなり飲みますね(笑)。毎日飲んでいますよ。

s_IMG_0838


三種の神器を見せて下さい!

なた
s_IMG_0777
ラジカセ
s_IMG_0829
ひごこき
s_IMG_0816

ライターの感想
戸隠そばは有名ですが、そのそばを盛り付ける「ざる」も実は戸隠の名産品ということを皆さんご存知でしたか?
使うほどに風合いが出て、長く愛用できる。そんな商品をひとつひとつ丁寧に作られている原山さん。学生時代はスキー部だったそうです。
戸隠に行ったら参道沿いにある原山竹細工店をぜひ覗いてみてください、作業場が店舗に併設しているので作業風景も見る事ができますよ!



s_IMG_0845


関連する記事

大正時代から続く国剪定保存技術「屋根板製作」の伝統技法を守っていく職人。

栗山木工有限会社

木製品製造業
勤務地: 長野県大桑村 | 中信
募集職種:職人 [ 新卒/中途 ]

信州の伝統食「おやき」。 広く世界へと、信州の食の豊かさを伝えていきたい。

有限会社いろは堂

食料品製造業
勤務地: 東京、立川、横浜 | 県外
募集職種:接客・販売スタッフ [ 東京でのアルバイト ]

一貫してステンレス製品を作り上げる「営業マン+職人+クリエイター」集団。

株式会社エクセル

金属製品製造業
勤務地: 長野県長野市 | 北信
募集職種:技術職・営業職 [ 新卒/中途 ]