トップ >  未分類 > 東京にいるU-35世代の長野ゆかりの人が集まる場「ヤングナガノ」が初開催!

東京にいるU-35世代の長野ゆかりの人が集まる場「ヤングナガノ」が初開催!

文・写真・取材:fujiwara


 

【長野県民の食卓のお供代表「七味」でおなじみ、八幡屋礒五郎の10代目(予定)をゲストに初開催】

3ヶ月に一度、35歳以下の長野県民(長野好きな人も含む)が集まる場「ヤングナガノ(https://peraichi.com/landing_pages/view/youngnagano)」がスタートします。

毎回、長野にゆかりのあるゲストとのトークセッション交流会を軸に開催。参加条件は、35歳以下であることと、長野にゆかりがあることだけです(出身でなくても「好き!」程度で大丈夫です)。

初回は、長野県民であれば誰もが知っている七味缶の会社「八幡屋礒五郎」の常務取締役 室賀ゆう貴さんをゲストに迎えます。

「ガラムマサラ」や「深煎り」などの多彩なバリエーションはもちろん、化粧品やスイーツまで幅広く面白い取り組みをしかけています(長野県出身者にとっては、「美味しいのはお蕎麦です」CMも忘れられないはず)。

そんな七味の世界進出の話も聞いたり、ゲスト・参加者同士で交流たり…、新しい長野の魅力に出会えるはずです。

どうぞ気軽にご参加ください。

◎開催概要
参加条件:
・35歳以下であること
・長野県出身や大学時代に在学など、長野にゆかりがある方。
または住んだことはないけど、長野が好きな方
日程:
2/6(木)19:30〜21:00
(開場:19:15)
会場:
EDITORY 神保町
http://www.editory.jp/map/
(神保町駅徒歩1分)
参加費:
社会人 2000円
学生 1000円
*交流会でのナガノのお菓子代込
定員:
50名
申し込み:
https://peraichi.com/landing_pages/view/youngnagano

◎運営メンバーについて
「信州若者1000人会議」や「信州帰省フェス」の運営・参加をしていた長野県出身者(東京・長野在住者)が主催。
「大きなイベントより長く続くコミュニティへ」という、信州人らしい生真面目さを持って運営していきます。